びわの葉温灸の効果とやり方

びわの葉温灸の効果とやり方

びわの葉温灸とは、びわの葉と棒もぐさを使って行う温灸療法です。血行を良くし、筋肉のコリをほぐし、神経痛・筋肉痛を緩和する効果があります。また、胃腸の働きを活発にしたり、冷え性や腰痛、五十肩、便秘、ぜんそくなどさまざまな慢性疾患の症状を緩和させます。 びわの葉温灸のやり方は、まずびわの葉を10分ほど水につけ水分を含ませます。このとき、スポンジなどで軽く葉の裏表についた汚れを落とすと良いです。 棒もぐさを2本用意し、火をつけます。煙が勢いよく立ち上るくらいしっかりと燃やすのがコツです。 びわの葉についた水分をよく拭き取り、葉の表側(色が濃くつやのある方)を肌に当て、その上に8折にした布と紙を重ね、ツボや圧痛点においてから、紙の上から直角になるように火のついた棒もぐさを当てます。熱くなったら葉のセットを肌につけたままずらしていきます。棒もぐさの火が弱くなったらもう1本と取り替えます。じんわりと体が温まるのが感じられます。これが温灸のやり方です。 使い終わったびわの葉はまとめてお風呂に入れても良いです。

注目サイト

楽にしゃべれて通る、魅力的な声にしませんか?

俳優を目指す方のボイスレッスン

オリジナルデザインのiphoneケースを多数ご用意!

シャネルのiphoneケースはこちら

気になる保険料と保証内容を一気に比較!

ペット保険サービス

知らないと損するアスタキサンチンの3つの秘密をご紹介します。

買う前に知りたいアスタキサンチン

人気のアイテムを海外より直輸入!

キットソンバッグの通販はこちら